大学の薬学部の種類も様々

大学の薬学部にもその課程にいくつかの種類があり、特定の課程を修了した者のみに国家資格の受験資格が与えられます。 薬剤師になるにはこの国家資格を有する必要があります。

メニュー

大学の薬学部の種類も様々

薬学部,大学

薬剤師の資格を取得するためには、もちろん大学でそれに合わせた学習を積み、知識を得る必要があります。 大学自体がその専門である薬科大学と、様々な学部が混在している中にある薬学部があり、どちらであっても必要条件を満たす事は可能です。 薬剤師になるには薬学部での学習が必須条件となり、国家試験を受けなければ薬剤師にはなれませんから、その国家資格保有者を養成するための勉強をしていきます。 また、薬学部を保有するためには、法律上の条件というものがあり、薬草園の併設やその他薬剤を扱うために必要な設備の保有が必要になってきますから、学ぶための条件はどこも同じであり、どこで学んでもその習得具合やレベルなど、仕上がりに大差はありません。 しかし、旧4年制課程、新4年制課程、6年制課程などがあり、どれでも国家資格受験の資格が取得出来るとは限りませんから予め調査しておく必要はあるでしょう。 国家資格を条件とする医療関係の仕事は様々ですが、薬剤師は、薬局や病院での勤務、製薬会社の営業や化粧品会社での研究開発などと、その後の働き方について選択肢が多いですから、他の資格に比べると仕事の幅が大きく広がる事は間違いないでしょう。 373

大学によって違う薬学部の偏差値

薬学部,大学

将来、薬剤師になろうと考えているのであれば、まず大学の薬学部に入って国家資格を取得する必要があります。 ただ一口に薬学部といっても、実は大学によって偏差値が違います。またこれは国立か私立かによっても違ってきます。そのため、受ける大学を選ぶ時にはこの数値を目安にして考える人は少なくありません。 一般的に薬学部の偏差値は、国立の方が若干私立よりも高くなっています。年度によってこの最低ラインは多少変動しますが、平均して国立は59、私立は50くらいとなっていることが多いようです。 ただ私立はかなり学校によって教育方針に違いがあるため、時に数値が30程度と低めのところもあります。 このようなことから薬剤師になるためには、国立の方が安泰といったイメージもありますが、国家試験の合格率を比べると私立の方が国立を上回ることも少なくありません。 ですから、どの学校の薬学部に行ったとしても薬剤師の資格を取得するために目指すものに違いはなく、将来的に大きな影響を与えるものではありません。 そのため、学校を選ぶ時には目安となる数値の高い低いだけで選ぶのではなく、その学校の教育方針や卒業生の進路などによって学校を選ぶようにしたほうがよいのです。 374

更新履歴

サイトマップ

375

Copyright (C) 2014 大学の薬学部の種類も様々 All Rights Reserved.